ホテル概要

About
ホーム>ホテル概要

このブランドについて

山形閣
山形県は日本の中でも数多くの雄大な自然景観と、山深い神秘的な寺院を有していることで知られています。蔵王山に抱かれた優美で雄大な自然の姿は、夕暮れの光の中に浮かび上がる樹氷に覆われた木々、氷で覆われた山の小道、温泉から湧き上がる霞を通じて現れています。
仙台線に沿って点在する山寺の数々は、仏教に帰依する人々にとって重要な精神の拠り所となっています。静かで落ち着いた歩道を行くと、過去の出来事や記憶が神秘的な色彩を放ち始めます。厳粛な空気の中に訪れる者を現世のしがらみから解き放ち、やがて穏やかな心の落ち着きをもたらします。

山形とカバラン
宜蘭の先住民であるカバラン族は、「平原の民」として知られています。この地を豊かに育んできたカバラン族の人々は、山々や森林との共生関係を築いてきました。
山形閣は地元の伝統文化にインスピレーションを受け、その外観は先住民の人々が「家」と呼ぶ山あいの土地や、聳え立つ崖の姿を反映した姿になっています。
室内のしつらえや調度が古えからの歴史やこの土地への感謝の念を写し出し、自然と心の平穏の間にある、密なる関係が醸し出されるような雰囲気に満ちています。

各ゲストルームは、天然の石や木といった素材を用いることで、まるでゲストの皆様が森や草原の中に立っているかのように温かく出迎え、互い違いの色彩で彩られた柔らかく優しい空気に満ちています。
山形閣は礁渓郷でも最高の立地を有し、ゲストの皆様がリラックスしながら、快適で自由な、そして穏やかな気持ちになれるレクリエーションリゾートです。
この地にまつわる様々な物語を、自然主義の精神や、禅の瞑想の心を通じてそっと慈しみながら、あなた自身の心の声を聞いてみてはいかがでしょうか。


5c1d5254be61ef39672804fa8af4f3e1
 
山間の寺院
それは俗世の緊張と汚れを離れた1人の人
間が、その身体を通じて精神を鍛錬するた
めの献身の場であることを意味する
人、自然、社会、そして歴史のあらゆる姿が
空間を築き上げている
この隠れた地で自らを磨き
体験し瞑想し、
己の精神、肉体、そして魂が
最も原始的な姿に立ち戻るままに委ねる

日本の茶席の精神である、「一期一会」を受け入れる
お客様のご来訪を、そして皆様がこの地で
様々なことを体験されるよう、私たちは心より
お待ちしております。